建築現場や入退去時の原状回復工事、内装リペア補修なら「天虹てんこう」

ゼネコンハウスメーカー事例
建築施工担当の皆様
(ゼネコン・工務店・ハウスメーカー)
新築建築時のこんなお悩み!
私たちにお手伝いをさせて下さい。

建築中(引き渡し前)のお悩み

  • ・運搬中にフローリングが凹んでしまった。
  • ・施工中に建具に傷をつけてしまった。
  • ・穴の開ける間違えてしまった。
  • ・交換したいが納期が間に合わない。
  • ・とにかく傷が多くて...検査までにどうにかしたい

アフター(引き渡し後)のお悩み

  • ・施工時の業者さんが捕まらない
  • ・クレーム対応
  • ・とにかく半年、1年、3年先の点検までしっかりとフォローが欲しい

ゼネコン・工務店・ハウスメーカー様の施工事例

  • ビス穴
  • ビス穴

    before

    新築建築中によく出来てしまうビス穴の傷です。このままだとかなり目立ちますし、検査にも引っかかってしまいます。

  • ビス穴

    after

    ビス穴にパテを埋めて段差をなくしたのち、色を付けて木目を描いていきます。艶の調整をして仕上げれば一見元の傷がどこかわからない程になります。

  • ドア枠
  • ドア枠

    before

    新築マンションの運搬作業中に物をぶつけてしまった為できた傷です。えぐれているのできちんとパテ処理が必要になってきます。

  • ドア枠

    after

    傷の箇所に周りとバランスの取れた色のパテ処理をします。平滑を整えて、艶の調整して仕上げになります。

  • アルミサッシ
  • アルミサッシ

    before

    写真では分かりにくいですがサッシのレール部分は歪み、扉部分にへこみ傷がついてます。

  • アルミサッシ

    after

    レールの歪みは専用の道具で真っすぐに補正し周りに色に合わせて吹き付けていきます。へこみ傷には専用のパテでしっかり形を作って埋めた後、 紙やすりで細かなところまで仕上げて合わせて吹き付けていきます。数回重ねて色や質感を戻します。

  • 石材のカケ傷
  • 石材のカケ傷

    before

    新築マンションのエントランスの巾木のカケ傷です。素材は人造大理石。

  • 石材のカケ傷

    after

    専用の樹脂にカラーパウダーを練り込みパテとして形を作ります。細かな目の紙やすりで凸凹がないように仕上げたら周りと合わせるよう着色します。(欠けた石がそのままある場合は接着させる方法もあります)

  • 施工時の段違い
  • 施工時の段違い

    before

    寸法ミスで施工中のフローリングのつなぎ目に大きな段差ができて1面分表面が剥がれてしまっている状況です。

  • 施工時の段違い

    after

    強度のあるパテでしっかり下地を作り、根気よくフラットな状態まで紙やすりで研磨していきます。木目もきちんと繋ぎ合わせて、違和感なく仕上げてまります。

  • CF素材の床キズ
  • CF素材の床キズ

    before

    施設の新築現場での厨房の床になります。厨房器具設置の時に何かで焦がしてしまった傷です。

  • CF素材の床キズ

    after

    きっちりと橙色に合わせた樹脂を傷より少し盛り上がる程度に擦りつけます。専用のヘラで平滑を整えたら白い模様を入れて質感を整えます。

Copyright© 内装リペア補修「天虹てんこう」 , 2016 All Rights Reserved.